天灯の沿革

元宵節(旧暦1月15日)の天灯は100年以上の歴史があります。平渓の天灯節(スカイランタンフェスティバル)は多くの輝かしい歴史を生み続け、台湾全島の注目を集め、最も幸福であたたかい恒例イベントです。
Picture

2018

  • 世界最大の旅行サイトTripAdvisor(トリップアドバイザー)の投票で2018年台湾の「外国人観光客におすすめの文化イベント」に選ばれました。
  • また、Reader’s digest(リーダーズ・ダイジェスト)では「40歳までに行っておくべき旅行先40(40 Travel Adventures You Need to Have Before You’re 40)」の一つに推薦され、台湾で唯一入選を果たしたイベントとなりました。

Picture

2016

  • 訪台外国人観光客が絶対に見逃がせないスポット10選の1つに選出されました。
  • 『ナショナルジオグラフィック』(National Geographic)-「2016年世界ウィンターバケーションスポット10選」に選出されました。

Picture

2014

  • 世界最大の旅行ガイド出版社「Fodor‘s」が一生に一度は参加したい世界14大フェスティバルに選出されました。

Picture

2013

  • CNN -必見の年間行事52の1つに選出されました。
  • Fodor‘sトラベルガイド-「一生に一度は参加したい」世界14大フェスティバルに選出されました。

Picture

2012

  • 「1000個の天灯」挑戦に成功しました。

Picture

2010

  • 参加者が42万人に到達し、新記録となる約3億台湾ドルの経済効果をもたらしました。

Picture

2008

  • ディスカバリーチャンネル-世界2大フェスティバルに選出されました。

Picture

2002

  • 交通部観光局が台湾三大灯会の1つに選出されました。

Picture

2000

  • 西暦2000年元旦に平渓の地で多くの天灯職人が共同で18.98メートルの巨大天灯を製作して、ギネス世界記録に認定されました。

Picture

1999

  • 新北市政府による平溪国際天灯祭りが開催されました。